経済的な理由などで生理用品を十分に手に入れることができない「生理の貧困」を支援するため、亀岡市は近く女性職員を中心とした検討チームを立ち上げる。買い替え時期を迎えた防災備蓄品の活用や、受け取る側の女児や女性に配慮した配布方法について考える。