知れば知るほど深みにはまっていくのが京都。それは底なし沼のように、限りなく深い。そんな京都を少し知りたくありませんか。「基本のキ」ならぬ「キョウト」の「キ」では物足りない。でも、いきなり「ウ」まで立ち入れない。せめて二歩目の「ョ」まで進みたい。「しらんけど祇園祭2021」。祭りのちょっぴり奥までいざないます。しらんけど。