男子100メートル決勝 5位に終わった桐生(中央)左は初優勝の多田、右は3位の山県=ヤンマースタジアム長居

男子100メートル決勝 5位に終わった桐生(中央)左は初優勝の多田、右は3位の山県=ヤンマースタジアム長居

桐生祥秀

桐生祥秀

 陸上の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第2日が25日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子100メートル決勝で桐生祥秀(25)=日本生命、洛南高―東洋大出、彦根市出身=は10秒28で5位となり、2大会連続での個人種目での五輪代表は逃した。10秒15で走った多田修平(住友電工)が初優勝を飾り、五輪代表入りを決めた。10秒27で3位に入った日本記録保持者の山県亮太(セイコー)も五輪代表となった。2位は10秒19のデーデーブルーノ(東海大)だった。

 自己ベスト9秒台の選手が4人そろい過去最高レベルの顔ぶれとなった決勝で、右アキレス腱(けん)に痛みを抱える桐生は中盤の伸びを欠いた。