陸上の東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第2日は25日、ヤンマースタジアム長居で行われ、男子100メートル決勝は昨年覇者の桐生祥秀(日本生命)が10秒28(追い風0・2メートル)で5位となり、この種目の五輪代表入りを逃した。多田修平(住友電工)が10秒15で初優勝し、五輪代表に決まった。デーデー・ブルーノ(東海大)が10秒19で2位。山県亮太(セイコー)が10秒27の3位で、3大会連続となる五輪代表入りを決めた。

 10秒27の小池祐貴(住友電工)が4位で五輪代表入りが有力。サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は6位に終わり、この種目の五輪代表入りを逃した。

■桐生「代表権を取れなかったのが、結果かなと思う」

 100メートルでの桐生の東京五輪挑戦が終わった。

 山県、小池、サニブラウンと大激戦の末、フィニッシュラインに飛び込んだ。3位の山県に0秒01差の5位を確認すると、表情を変えずに…