男子3000メートル障害決勝 自らの日本記録を更新して五輪代表に決まった三浦龍司(ヤンマースタジアム長居)

男子3000メートル障害決勝 自らの日本記録を更新して五輪代表に決まった三浦龍司(ヤンマースタジアム長居)

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権第3日が26日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、男子3000メートル障害で洛南高出身の三浦龍司(19)=順天堂大=が自らの日本記録を更新する8分15秒99で初優勝を飾り、初の五輪代表に決まった。三浦は5月の五輪テスト大会で日本記録となる8分17秒46を樹立し、五輪参加標準記録(8分22秒00)も突破していた。