大津地裁

大津地裁

 滋賀県近江八幡市で2017年に知人男性を監禁して衰弱死させるなどしたとして、殺人や監禁致傷の罪に問われた飲食店経営井坪政(しょう)被告(30)=堺市=の裁判員裁判の判決が22日、大津地裁であった。伊藤寛樹裁判長は、求刑通り懲役30年を言い渡した。

 井坪被告は共犯者の男女4人に指示して犯行や証拠隠滅を主導した主犯とされ、検察側は「虐待や搾取の限りを尽くし、責任は格別に重大」として、有期刑の上限である懲役30年を求刑。弁護側は日常的な暴力を否定、殺人や監禁の無罪を一貫して主張していた。

 起訴状では、共謀し、堺市で1年近く監禁していた無職渡邉彰宏さん=当時(31)=を近江八幡市の民家に連行して監禁を続け、17年8月17日に細菌性肺炎で病死させた。また、別の知人男性(39)を17年11月まで堺市で4年間監禁し、治療約2カ月の傷害を負わせた、としている。