古くから疫病退散への信仰を集めてきた京都市内の二つの神社が協力し、2枚一組の御朱印を作った。京の各地に根付く「祇園信仰」に思いを寄せる機会にしてほしいと、市中心部で祇園祭が始まる7月1日から授与を始める。