滋賀県警高島署

滋賀県警高島署

 滋賀県警高島署は28日、滋賀県高島市内の板金業男性(49)が、米国在住の外科医を名乗る人物らに、会員制交流サイト(SNS)を通じて現金420万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として調べている。

 同署によると、6月11日ごろ、SNSで知り合ったこの人物から男性に「国連との契約でもらった350万ドルを日本に送るので保管して」とメッセージが届いた。その後、運送業者を名乗る人物から、「配達料と手数料が必要だ」とのメッセージを受け、18日と22日、計420万円を指定銀行口座に振り込んだという。