コロナ禍で昨年は中止になった関西屈指の野外音楽フェス「京都大作戦」が2年ぶりに開かれる。宇治市の太陽が丘(京都府立山城総合運動公園)を会場に、3日から2週連続で土・日に開催。計4日で50組近いアーティストが出演する。1日当たりの観客数は例年の半分に抑え、感染対策を徹底するという。主催する京都の3人組ロックバンド「10―FEET(テン・フィート)」のボーカル兼ギター、TAKUM(タクマ)A(45)は「ライブやフェスの文化をつなぐために何をすべきか。感染対策を含め、観客の皆さんと思いを一つに」と覚悟を語る。