涼しげな色合いが人気のペチュカリ(京都府南丹市・農芸高)

涼しげな色合いが人気のペチュカリ(京都府南丹市・農芸高)

 京都府南丹市園部町南大谷の農芸高で、教員が開発した花の新品種「ペチュカリ」が販売されている。本格的な夏の到来を前に、涼しげなグリーンイエローの花が人気だ。

 入江亮次実習教諭と竹口真吉教諭が、白いペチュニアと黄のカリブラコアを掛け合わせて生み出した。直径5センチほどの小ぶりな花を咲かせ、秋口まで楽しめるという。

 生徒が育てたペチュカリをポット1個100円で平日に販売。「涼しげで夏にぴったり」と多くの人が買い求めていくという。竹口教諭は「安定生産ができるようにしたい」と意気込む。販売は7月上旬ごろまで。