京都政経文化懇話会の6月例会が30日、京都市上京区のホテルで開かれ、稲田新吾京都市教育長が「ウィズコロナ社会における、京都ならではの『新たな時代の教育』の創造」と題して講演した。新型コロナウイルス感染拡大の影響でICT(情報通信技術)の活用が一気に進んだ学校教育について語った。

 稲田教育長は、4月から始まった全児童生徒にコンピューター端末を配布する「GIGA(ギガ)スクール」を紹介。「日本は授業でのデジタル機器の利用が他国より遅れ……