京都府庁

京都府庁

 京都府と京都市は30日、新型コロナウイルスに感染していた1人が死亡し、新たに10歳未満から70代の男女27人が感染したと発表した。全員が軽症か無症状で、6人の感染経路が不明。府内の感染者は1万6600人となった。

 府発表分は6人で、居住地は城陽市2人、宇治市、長岡京市、八幡市、南丹市が各1人。

 京都市発表分の21人は全て市内在住。市は、死亡した1人の性別や年代、基礎疾患の有無を公表していない。

 また、府はスクリーニング(ふるい分け)検査の結果、新型コロナの陽性が判明している府内の男性が、インドで見つかった変異株「デルタ株」に感染している疑いがあると発表した。府内では、既に1人のデルタ株感染が確認されている。