ブレンドした紅茶と多彩なスイーツが楽しめる「アフタヌーンティーコース」(くろまつ号内)

ブレンドした紅茶と多彩なスイーツが楽しめる「アフタヌーンティーコース」(くろまつ号内)

 沿線の食材を使った料理を提供する京都丹後鉄道(丹鉄)のレストラン列車「丹後くろまつ号」のメニューが4月5日から新しくなる。午後に紅茶とスイーツを出す「アフタヌーンティー」が新登場し、計4コースを運行。府北部の食と車窓の景色を楽しんでもらう。

 西舞鶴から天橋立に向かう「アフタヌーンティー」(3200円)は若い女性や家族連れに気軽に乗ってもらおうと新設。北欧産茶葉をブレンドした列車限定の紅茶と、舞鶴市の料理店が監修した宮津産イチゴのモンブランタルトや塩加減が特徴のキャラメルプリンなどスイーツ5種類が味わえる。

 このほか、スイーツ(福知山―天橋立間)とランチ(天橋立―西舞鶴間)、ワインやカクテルを飲みながら日本海の夕景を堪能できるサンセット(天橋立―西舞鶴間)がある。

 運行はスイーツとランチが金土日曜と祝日、アフタヌーンティーとサンセットは土日曜と祝日。乗車3日前までにホームページなどで予約が必要。問い合わせは京都丹後鉄道0772(25)2323。