アニメ「ちびまる子ちゃん」に登場するキャラクター「永沢君」の顔に見立てたタマネギを使った作品(南丹市美山町安掛・ふらっと美山)

アニメ「ちびまる子ちゃん」に登場するキャラクター「永沢君」の顔に見立てたタマネギを使った作品(南丹市美山町安掛・ふらっと美山)

赤いダイコンは子ども向けテレビ番組の人気キャラ「ムック」に=ふらっと美山提供

赤いダイコンは子ども向けテレビ番組の人気キャラ「ムック」に=ふらっと美山提供

カボチャはテレビアニメ「ハクション大魔王」に変身=ふらっと美山提供

カボチャはテレビアニメ「ハクション大魔王」に変身=ふらっと美山提供

昨年、敬老の日に合わせ、仲むつまじい夫婦に見立てたナス=ふらっと美山提供

昨年、敬老の日に合わせ、仲むつまじい夫婦に見立てたナス=ふらっと美山提供

 京都府南丹市美山町にある地元産品の直売所で、形が規格外のため本来捨てられるはずだった野菜に、女性スタッフが表情を描き、アニメキャラクターの顔などに仕立てた作品が話題になっている。気に入って写真を撮って帰るなど、仕上がりを楽しみにしているファンも多いようだ。

 店は道の駅「美山ふれあい広場」内にある「ふらっと美山」。2年ほど前に下西祐加さん(39)が生産者が間引いたり雨風で畑に落ちたりして売れなくなってしまった野菜に、顔を描いたシールなどを貼って店頭に並べたのが評判になって始めた。

 当初は、ナスの親子などかわいらしさにこだわって制作していたが、ぐっとにらみをきかせたり、濃いめの男前な表情に仕上げたりした野菜の評判が良く、さまざまな作品を手掛けるようになった。現在はテレビアニメ「ちびまる子ちゃん」に登場するキャラクター・永沢君をタマネギを使って表現し、レジの隣に並べている。

 時々の流行に合わせた作品も多い。2019年のラグビーワールドカップ期間中はカボチャを使って、ラグビーボールを制作。昨年は敬老の日に合わせ、ナスを使って仲むつまじい老夫婦を表現し、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」にちなんでダイコンを使った戦国武将・明智光秀の家来「ふらっと侍」を登場させた。

 相撲取りに見立て「美山海」と名付けたダイコンは、時間がたってしなびてくると「引退会見」の場面を仕立てたこともある。下西さんは「ドングリを使った時は小さくて作るのが大変だったけれど、形を生かして作るのが楽しい」と話す。

 食べられる食材は後でスタッフで食べたり、気に入ったお客さんにプレゼントしたりしているといい、下西さんは「本当なら捨ててしまう野菜。かわいいだけじゃなくて面白い表情の野菜もあるので、楽しんでみて」と話している。