滋賀県野洲市役所

滋賀県野洲市役所

 滋賀県野洲市監査委員は1日、新病院整備を巡って栢木進市長が前市政時代の設計業務などの契約を解除したのは不当とする住民監査請求を棄却したと発表した。監査結果は6月30日付。

 監査請求は市民ら3人が提出。設計の成果物を受け取ることなく契約を解除し、精算金4256万円を支払ったことで市に損害を与えたとして、全額の返還を市長に求めていた。

 監査結果では、契約に基づき支払いが行われており出来高分の成果物も受け取っていると指摘。市への損害は確認できず、「支出は違法または不当なものとは言えない」と結論付けた。

 栢木市長は昨年10月の市長選でJR野洲駅前での病院整備反対を掲げて初当選。今年3月、山仲善彰前市長時代に進めていた病院建設設計業務の契約を解除した。