二人の船頭はそれきり黙って舟を出した。佐渡の二郎は北へ漕(こ)ぐ。宮崎の三郎は南へ漕ぐ。「あれあれ」と呼び交わす親子主従は、ただ遠ざかり行…