京都府福知山市役所

京都府福知山市役所

 京都府福知山市は2日、課税の事務処理を怠ったとして、資産活用課の男性職員(45)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。発覚を恐れて2年間、発送前の納税通知書を抜き取っていたという。

 福知山市によると、職員は税務課所属時の2017年、市内の男性が届け出た家屋の用途変更について、固定資産税と都市計画税の課税額の変更に必要な処理をしなかった。19、20年は納税通知書を抜き取り、未発送のままにした。今年4月に異動後、新たな担当者に抜き取りを依頼したことで5月に発覚した。

 男性からは税額変更について問い合わせがあったが、処理していなかった。市の聞き取りに対して職員は「後で変更しようと(通知書を)引き抜いた。遡(そ)及課税しようと思った」と話したという。

 福知山市は男性に謝罪して経緯を説明し、3年分で計約36万円の納税通知書を送った。当時の職員の上司3人は訓告などの処分にした。前田剛財務部長は記者会見で「納税者の皆様に不信感を抱かせたことをおわびする」と述べた。