インターネット上の催しに自らの分身「アバター」で出席し、他の参加者への声掛けや雑談といったコミュニケーションを可能にするサービスを、エスユーエスが開発した。