祇園祭の「厄よけちまき」の授与が早くも一部の山鉾保存会で始まっている。宵山行事の縮小などで授与する機会が減るため、期間を拡大したりインターネットを通じた郵送で授与したりと工夫を凝らしている。