滋賀県近江八幡市

滋賀県近江八幡市

 滋賀県近江八幡市は1日、地球温暖化対策に取り組む決意を表明する「気候非常事態宣言」を発表した。温暖化に対する危機意識を市民で共有する狙いで、県内での宣言は初めて。年度内に具体的な行動指針を策定する。

 宣言では2015年に採択されたパリ協定を受け、「50年までに二酸化炭素の排出量を『実質ゼロ』にすることを目指す」と明記。「市民、事業者、行政が一体となって環境に対する意識を高めることが必要」とした。

 同市では新年度から5カ年の「地球温暖化対策実行計画」に取り組み、市民に脱炭素社会へ向けた行動を求めるとしている。

 宣言は昨年11月の衆参両院を含め、全国の自治体や団体など90近くに広がっている。