日本選手権男子100メートル決勝、ゴール後の桐生(6月25日、ヤンマースタジアム長居)

日本選手権男子100メートル決勝、ゴール後の桐生(6月25日、ヤンマースタジアム長居)

女子1500メートル決勝で後続を引き離して優勝した田中(右)=ヤンマースタジアム長居

女子1500メートル決勝で後続を引き離して優勝した田中(右)=ヤンマースタジアム長居

河添香織

河添香織

 日本陸連は2日、東京五輪代表の追加代表を発表し、男子400メートルリレーにリオデジャネイロ五輪銀メダルの桐生祥秀(日本生命、洛南高―東洋大出、彦根市出身)を選んだ。同志社大4年の田中希実(豊田自動織機TC)は女子1500メートルで日本選手初となる五輪代表に選出された。田中は5000メートルに続く2種目目の代表切符。女子20キロ競歩で河添香織(自衛隊、立命館宇治高―立命館大)が初の代表に選ばれた。

 桐生は前回大会の400メートルリレーで3走として銀メダルを獲得しており、2大会連続の出場となる。小池祐貴(住友電工)が代表権を得ていた200メートルを辞退し、100メートルの最終3人目の代表に決まったため、桐生の個人種目での五輪出場はなくなった。