定置網から船の上に引き上げられるクロマグロ(京都府伊根町沖の若狭湾)=伊根浦漁業提供

定置網から船の上に引き上げられるクロマグロ(京都府伊根町沖の若狭湾)=伊根浦漁業提供

 京都府伊根町沖に沈む伊根浦漁業の定置網で2日朝、今年最大の200キロ級のクロマグロが水揚げされた。

 人の背丈を超える大物で、クレーンを使って船に下ろした。船で府漁協舞鶴地方卸売市場に直接運ばれ、はらわたを取り除いた重さは179キロと165キロ。2匹とも東京の豊洲市場に出荷された。

 漁労長の鍵井克己さん(62)は「網の中を見て、『おるでー』と思わず叫ぶ人もいた。久しぶりのマグロでうれしい」と話した。府海洋センターによると、大型のクロマグロは丹後近海で春から初夏にかけて漁獲されるという。