西脇知事(右)から京都府警本部本館について説明を受ける柴山文科相(中央)=京都市上京区

西脇知事(右)から京都府警本部本館について説明を受ける柴山文科相(中央)=京都市上京区

 柴山昌彦文部科学相は23日、文化庁の移転先となる京都府警本部本館(京都市上京区)を初めて視察した。館内を見て回った後、「大変重厚で歴史的な建造物。遅くとも2021年度中の移転に向け、確実に作業を進めたい」と述べた。

 会議室では、案内した西脇隆俊知事から図面や写真を示され、建物の構造や、府と京都市が進めている改修のスケジュールについて説明を受けた。

 視察後、記者団に対し「新文化庁を中心に、周辺を文化的なコンテンツの総本山として、対外的にアピールできるのではないか」と話していた。

 この後、二条城(中京区)も視察に訪れた。