京都府福知山市役所

京都府福知山市役所

 京都府福知山市は4日、市からの大雨に関する注意喚起が、地域内の携帯電話所有者に情報を伝える「緊急速報エリアメール」で誤って送信されたと発表した。

 市によると4日午後4時44分、「明日にかけて局地的に激しい雨が降る恐れがある」といった内容が同市内の人たちに送信された。

 緊急速報エリアメールは本来、市から避難情報などを送る時に使われる。市は今回の注意喚起を市の防災アプリや消防メールなどを通じて午後5時半に送ろうとしていた。誤送信の原因は調査中という。