新型コロナウイルスの感染予防で、楽しみながら「黙食」してもらおうと、京都市中京区の朱雀第一小の学童保育で、児童たちが手話を学び始めた。