男性キャラバン・メイトの話しに聞き入る受講者(京都府長岡京市神足2丁目・バンビオ1番館)

男性キャラバン・メイトの話しに聞き入る受講者(京都府長岡京市神足2丁目・バンビオ1番館)

 認知症サポーター養成講座が23日、京都府長岡京市神足2丁目のバンビオ1番館で開かれ、受講者が認知症や予防と接し方などに理解を深めた。

 同養成講座は全国キャラバン・メイト連絡協議会が、各地で進める認知症サポーターキャラバンの一環で、長岡京市を通じて委託された市東地域包括支援センターが実施。講師は老人保健に関わる男性と高齢者介護サービスに関わる女性の「キャラバン・メイト」が務めた。

 男性キャラバン・メイトは認知症の種類やそれぞれの症状などを分かりやすく説明。女性キャラバン・メイトが予防の体操を指導し、体験を交えて当事者や家族らとの接し方を伝えた。受講者約30人はメモを取るなどして熱心に聞き入っていた。