昨年に縮小実施された五山送り火の大文字

昨年に縮小実施された五山送り火の大文字

 京都五山送り火連合会は9日、今年8月16日の送り火について、例年通りの実施は行わず、規模を縮小して実施すると発表した。昨年は京都市左京区の「大文字」で6カ所など火床の点火位置を減らして実施した。

 お盆に迎えた霊を送るための行事は各送り火保存会で行う予定。連合会は「来年こそは新型コロナウイルス感染の流行が終息し、通常の送り火を行えるよう祈念している」としている。