マイケル・ジャクソンさんの軌跡を振り返る写真展(京都市下京区・美術館「えき」KYOTO)

マイケル・ジャクソンさんの軌跡を振り返る写真展(京都市下京区・美術館「えき」KYOTO)

 2009年に亡くなってもなお多くの人を魅了する「キング・オブ・ポップ」マイケル・ジャクソンさんの輝かしい軌跡を振り返る写真展「MJ」(京都新聞など主催)が、京都市下京区の美術館「えき」KYOTOで開かれている。


 120点を展示。マイケルさんが4人の兄と一緒にデビューした「ジャクソン5」で見せるあどけない表情から、大人へと成長し、代表作となった「スリラー」などのショート・フィルム(音楽ビデオ)のスチール写真などが並ぶ。


 映画「キャプテンEO」を製作したフランシス・フォード・コッポラさん、ジョージ・ルーカスさんと肩を組んだ写真もある。また、生涯3度だけのワールド・ツアーの様子も紹介。躍動感あふれる貴重なパフォーマンス写真を見ることができる。


 会場では、写真展の監修者でマイケル・ジャクソン研究家として知られる西寺郷太さんが選んだ曲が流れており、訪れた人は写真と音楽でライブの雰囲気を楽しんでいた。9月5日まで。有料。