試験点灯で春の夜空に浮かび上がる早咲きの桜(24日午後6時42分、京都市左京区・京都府立植物園)

試験点灯で春の夜空に浮かび上がる早咲きの桜(24日午後6時42分、京都市左京区・京都府立植物園)

 京都市左京区の府立植物園で恒例の「桜ライトアップ」が25日から始まる。24日夜に試験点灯が行われ、早咲きの夜桜がはんなりと浮かび上がった。

 点灯される約7千平方メートルの「桜林」エリアでは、約50種約250本の桜が植えられている。ホソイザクラやカラミザクラ、カンヒザクラなどの早咲きの種が、すでに満開を迎えている。

 府立植物園によると、ここ数日寒い日が続き、今春は園内のソメイヨシノやヤエベニシダレなどの開花が遅れているという。

 ライトアップは4月7日まで。日没(午後6時半ごろ)から午後9時。入園料が必要。