落雷に伴う火災で放水する消防隊員ら=11日午後4時35分ごろ、京都市北区、上賀茂神社

落雷に伴う火災で放水する消防隊員ら=11日午後4時35分ごろ、京都市北区、上賀茂神社

落雷の消火活動のため、はしごがかけられた木(11日午後4時10分ごろ、京都市北区の上賀茂神社)=読者提供

落雷の消火活動のため、はしごがかけられた木(11日午後4時10分ごろ、京都市北区の上賀茂神社)=読者提供

 11日午後3時半ごろ、京都市北区上賀茂の世界遺産・上賀茂神社(賀茂別雷神社)に落雷したという通報が、京都市消防局にあった。

 上賀茂神社などによると、落雷したのは高さ約20メートルの立木で、境内を流れる「ならの小川」の近く。木から煙が出たため、消防車14台が出動して放水した。近くの建物への延焼や、倒木の被害などはなかった。

 京都市内は、午後3時過ぎから激しい雷雨に見舞われ、京都府の雨量計で午後4時までの1時間に17ミリの雨を観測していた。