選果作業が進むみかちゃんメロン(滋賀県野洲市六条・中主営農経済センター)

選果作業が進むみかちゃんメロン(滋賀県野洲市六条・中主営農経済センター)

 滋賀県野洲市中主地域で栽培される「みかちゃんメロン」の出荷がピークを迎えている。今年は梅雨入りが早く、小ぶりが多いが、糖度は例年並みに仕上がった。出荷は20日ごろまで。

 農家4軒が計約75アールで栽培。実に甘さを凝縮させるため、水はけの良い畑で1株から1個に絞って育てている。今季は2品種計約6千個の収穫を見込む。

 同市六条の中主営農経済センターでは連日、きれいな網目を帯びた実が運び込まれ、農家たちが選果作業に汗を流している。野洲定信さん(69)は「日持ちするので贈り物としても最適」とPR。センターに隣接する直売所「おうみんち中主店」で販売している。