京都府庁

京都府庁

 京都府に適用されていた新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置が11日で解除され、京都市内では12日から飲食店への営業時間短縮要請が緩和された。同市以外は従来通りの時間で継続する。


 府は飲食店の営業について府内全域で午後9時まで、酒類の提供は午後8時半までと要請。重点措置中は京都市内のみ営業は午後8時まで、酒類提供は午後7時までだった。一方、要請期間は感染状況による地域差があり、京都市が8月1日まで、他の市町村は7月25日までとなっている。


 酒類を提供する飲食店には、アクリル板の設置や座席間隔の確保、同一グループの入店は原則4人以内などの要件を守るよう求めている。


 府は間もなく夏休みを迎えることから、不要不急の帰省や旅行など都道府県をまたぐ移動を控えることなども要請している。