彦根市役所仮庁舎

彦根市役所仮庁舎

 滋賀県彦根市は25日、休暇申請せず欠勤を繰り返したとして、福祉保健部の30代男性職員を同日付で減給10分の1(3カ月)の処分にしたと発表した。

 市によると、職員は家庭の事情などで休む際、上司へ口頭報告するだけで必要な申請手続きを怠り、昨年1年間で17日間欠勤した。正しく申請した休暇を含めると可能な年次有給休暇分を10日以上超えていた。上司も超過に気付かなかったという。

 欠勤分の給料はすでに返納しているという。市人事課は「職員の綱紀粛正に努め、再発防止に努める」と謝罪した。