伏見署(京都市伏見区)

伏見署(京都市伏見区)

 京都市内の中学3年の女子生徒(15)が大麻取締法違反(所持)などの疑いで逮捕、追送検された事件で、女子生徒が「インターネットを通じて複数回、大麻を購入した」と供述していることが25日、京都府警伏見署への取材で分かった。同署は、女子生徒が大麻を繰り返し使用していた疑いもあるとみて、購入経緯や入手経路を捜査している。

 女子生徒の逮捕、追送検容疑は今月1日、市内の自宅で乾燥大麻約7グラムと合成麻薬MDMA2錠を所持した疑い。

 伏見署によると、女子生徒が同日、自宅で突然、暴れ出すなどしたことから、家族が119番し、救急搬送された。尿検査で大麻の陽性反応があり、室内から乾燥大麻が見つかったため、7日に大麻取締法違反容疑で逮捕した。同署は女子生徒の自室から、大麻吸引用の巻紙などを押収した。

 伏見署の説明では、女子生徒は1月下旬以降、ネットを使い、面識のない人物から大麻などを購入していた。「家族関係で悩みがあり、眠れなかったので入手した」と供述しているという。

 京都市内では昨年10月、中学3年の男子生徒が大麻取締法違反(所持)の疑いで府警に逮捕されたばかり。市教委生徒指導課の井上浩史課長は「危機意識を持って取り組んできただけに残念。家庭や関係機関と連携を深め、取り組みの徹底を図りたい」としている。