青空が広がった四条通を徒歩で巡行する前祭の山鉾保存会代表者ら(17日午前9時、京都市下京区)

青空が広がった四条通を徒歩で巡行する前祭の山鉾保存会代表者ら(17日午前9時、京都市下京区)

 祇園祭で山鉾町の代表者が徒歩で巡行する「拝礼行列」が17日、京都市下京区の四条通一帯で行われた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2年連続で中止となった山鉾巡行に代わる行事で、榊(さかき)を手にした代表者が厳かに八坂神社の四条御旅所を目指した。

 拝礼行列は昨年に続いて2度目。山鉾巡行と同様に、八坂神社の神霊が街を練る前に清め払う意味がある。夕方には、例年の神輿渡御に代わり、神霊をうつした榊を八坂神社から御旅所まで運ぶ「神霊渡御祭」が行われる。

 午前9時、前祭(さきまつり)の23ある山鉾保存会の代表ら約60人が、祇園囃子(ばやし)に送られて四条烏丸交差点近くを出発。「祇園会(え)」と書かれた旗とチリン棒を先頭に東へゆっくりと進んだ。今年は2年ぶりに行った「くじ取り式」の結果に沿って並び、四条通堺町ではくじ改めを簡略化した奉行役への「くじ渡し」を行った。

 30分ほどで四条御旅所に着くと、参加者は八坂神社に向かって遥拝(ようはい)した。祇園祭山鉾連合会の木村幾次郎理事長は「山鉾建ても行ったが多くの応援をもらい、こういう形でもやれてよかったと思っている。後祭(あとまつり)も気持ちは変わらずやっていきたい」と話した。