滋賀県警草津署

滋賀県警草津署

 滋賀県警草津署は26日、滋賀県草津市内の高齢女性が市役所職員や銀行員を名乗る男にキャッシュカードをだまし取られ、現金を引き出される被害が2件あったと発表した。被害額は計約150万円。

 同署によると、25日午前10時ごろ、女性(81)宅に市役所職員や銀行員を名乗る男から「保険料を払いすぎている」「キャッシュカードを安全なチップに替えましょう」などと複数回電話があり、自宅を訪れた男にキャッシュカード1枚を手渡したという。暗証番号は電話で伝えていた。

 同日午後4時ごろには、別の女性(75)も同様の手口でキャッシュカード1枚をだまし取られて現金を引き出されており、同署は同一犯による特殊詐欺事件とみて調べている。