こども新聞サミットの分科会で交流する佐野さん(右から2人目)ら=東京都江東区・日本科学未来館

こども新聞サミットの分科会で交流する佐野さん(右から2人目)ら=東京都江東区・日本科学未来館

 全国の子ども新聞や子ども向け紙面の読者を代表する「こども記者」が集まり、スポーツの楽しみ方を考える「第3回こども新聞サミット」が26日、東京都江東区の日本科学未来館で2日間の日程で始まった。

 全国27の新聞社からこども記者37人が参加。最初にスポーツ庁の鈴木大地長官が、こども記者会見で「スポーツにさまざまな形で関わってほしい」と呼び掛けた。

 こども記者が「子どもはスポーツをして何を得られますか」と聞くと、鈴木長官は「泣いたり笑ったりの感情を味わえるのが、スポーツの最大の魅力」と応じた。

 その後、六つの分科会に分かれ「スポーツで自分のまちをもりあげよう」「障がい者スポーツを楽しむには」などを議論。27日にアクションプランを発表する。

 京都新聞ジュニアタイムズからは、京都市立広沢小新6年の佐野心美さん(右京区)が参加し、六つの分科会の一つ「チーム5 支える」の一員として、「こどもにできるボランティア・応援」をテーマに話し合った。