記者会見会場に入った京都アニメーションの八田英明社長(18日午後3時50分、京都市下京区)

記者会見会場に入った京都アニメーションの八田英明社長(18日午後3時50分、京都市下京区)

 2019年7月に京都市伏見区の京都アニメーション第1スタジオが放火され36人が死亡した事件は18日、発生から2年となった。京アニの八田英明社長が同日午後4時から市内で記者会見し、「2年がたとうと、思いはいささかも変わりはない。悲しみは一朝一夕にぬぐい去れない」と事件からの月日を振り返った。現在も被害に遭った社員数人がリハビリ中と明かす一方、「気持ちを一つにして日々作品を作っていく中で、ちょっとずつ前向きに進んでいる」と再建にかける思いを語った。

 会見の中で、八田社長は癒えることのない悲しみと向き合いつつ、昨年9月に公開された「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」や今月放映が始まったテレビアニメ「小林さんちのメイドラゴンS」にも触れ、京アニの再建に向けて歩みを続ける決意を示した。

 事件は19年7月18日午前10時半ごろに発生。3階建て延べ約690平方メートルが全焼し、社員36人が死亡、32人が重軽傷を負った。

 京都府警は20年5月、スタジオ内にガソリンをまいて放火したとして、自らも重いやけどを負って入院していた青葉真司被告(43)を殺人などの疑いで逮捕し、京都地検が同年12月に起訴した。初公判の時期は決まっていない。