大津市役所[LF]

大津市役所[LF]

 大津市は26日、19の市有施設で、計量法で定める有効期限を超過したまま交換していない電気、水道、ガスのメーターが計289個あったと発表した。

 県有施設で期限切れのメーターが多数見つかったことを受け、今月7~22日に全数調査を実施した。市によると、52施設にあるメーター計648個のうち4割超が5~10年の有効期限を過ぎていた。

 市は毎年、数カ所の施設を抽出調査していたが、問題を把握できなかった。交換を義務づけた同法について認識不足だったという。

 問題のメーターが見つかったのは公設地方卸売市場や児童クラブなど。4月中をめどに全て交換する。費用は約1500万円を見込む。市商工労働政策課は「法令順守ができていなかったことを深く反省し、市民におわびする」と陳謝した。