共同通信社の全国電話世論調査で、23日に開幕する東京五輪の競技実施を「楽しみにしている」と答えた人の割合は「どちらかといえば」を含めて計71・0%に上った。五輪・パラリンピック開催による新型コロナウイルスの感染再拡大に不安を感じている人が計87・0%もいる中、競技への興味や関心の度合いは高い実態が明らかになった。