嘉田由紀子氏

嘉田由紀子氏

 立憲民主党と国民民主党は26日、夏の参院選滋賀選挙区(改選数1)に無所属で立候補する意向を示している前滋賀県知事嘉田由紀子氏(68)の推薦を決定したと発表した。立民は26日付、国民は13日付。

 連合滋賀も22日に推薦を決め、26日に大津市内で嘉田氏と政策協定を結んだ。経済・雇用政策の一体的推進や最終的に原子力に依存しない社会を目指すことなどを盛り込み、連合本部にも推薦を求める。

 滋賀選挙区では、共産党と社民党を含めた野党4党が候補者の一本化に向けて昨年11月から協議している。共産は党県常任委員の佐藤耕平氏(36)を推している。一本化は党幹事長・書記局長間の協議に委ねられ、最終決定は統一地方選後になる見通し。

 同選挙区では自民党現職の二之湯武史氏(42)も立候補を表明している。