特殊詐欺を防いだとして感謝状を受けた(右から)松田浩さん、野口さん、松田美咲さん=京都府京丹後市

特殊詐欺を防いだとして感謝状を受けた(右から)松田浩さん、野口さん、松田美咲さん=京都府京丹後市

 京都府警京丹後署は、特殊詐欺の被害防止に貢献したとして、ファミリーマート峰山町杉谷店の店員松田美咲さん(20)、岡三証券宮津支店課長野口博文さん(54)、峰山自動車のタクシー運転手松田浩さん(63)の3人に署長感謝状を贈った。

 松田美咲さんは4月、60代男性客から電子マネー6万円分の購入方法を尋ねられて特殊詐欺を疑い、男性を説得。同店の上役が通報した。

 野口さんは6月、顧客の70代女性が「息子が事業に失敗した」として金融商品の解約を申し出たことから、息子に事情を説明し、通報してもらった。

 松田浩さんは、足が不自由な女性客から「コンビニで電子マネー1万円分を代わりに購入してほしい」と頼まれ、通報した。

 15日に京丹後署であった贈呈式で、滝波利博署長から感謝状を受け取った松田浩さんは「被害を防ぐお手伝いができて良かった」と話した。