偽ED治療薬を販売目的で保管したとして、厚生労働省近畿厚生局麻薬取締部が医薬品医療機器法違反の疑いで、大阪市の無職男性を書類送検したことが20日分かった。麻薬取締官に偽造薬事件の捜査権限を与える昨秋の法改正後、初の摘発。