20日に大阪高裁で和解が成立した、京都芸術大を運営する学校法人瓜生山学園に対し、京都市立芸術大が校名の使用差し止めを求めた訴訟。同学園が「京都芸術大学」を使用することに対し、市立芸大は異議を述べないことで合意した。

 和解条項では、略称の「京都芸大」と「京芸」は市立芸大が使用できることも定めた。また双方は相手方の研究や教育活動に敬意を表し、名称に関して誹謗(ひぼう)中傷を行わないことも盛り込まれている。

 和解成立後、市立芸大の赤松玉女理事長は「両大学の学生や……