春の陽気となり、咲き出したソメイヨシノ(27日午前11時25分、京都市上京区今出川通烏丸東入ル・冷泉家前)

春の陽気となり、咲き出したソメイヨシノ(27日午前11時25分、京都市上京区今出川通烏丸東入ル・冷泉家前)

 京都地方気象台は27日、京都市内で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。平年より1日早く、昨年よりも5日遅い開花宣言となった。

 気象台によると、標本木のある中京区の二条城で午前10時に開花の基準となる5輪より多い6輪の花が咲いていることを、職員が確認した。

 今年は3月上旬は平年より暖かい日が続いたが、下旬に入って冷え込んだことから、平年並みの開花になったとみられる。

 気象台は、市内では来月上旬に満開になると見込む。