水上オートバイで海上を周回する職員ら(京都府舞鶴市下福井)

水上オートバイで海上を周回する職員ら(京都府舞鶴市下福井)

 夏のレジャーシーズンを前に、第8管区海上保安本部は21日、安全啓発活動の出発式を京都府舞鶴市下福井の舞鶴海上保安部船艇基地周辺で行い、職員らが海の事故防止を誓った。

 活動は22日~8月15日の土日祝日に舞鶴市と宮津市の沿岸部で実施する。今夏は水上オートバイの機動力を生かし、大型船が近づけない浅瀬でもプレジャーボート利用者のマナー向上や遊泳客が沖に流されないよう注意を呼びかける。

 式では、同保安本部の岩﨑成晃交通部長が「訓練の成果を発揮し、一つでも多くの事故を防ぐことを期待する」と訓示。職員らは水上オートバイで海上を周回し、海の安全を訴えた。