新国立競技場の設計に携わった隈研吾氏(21日、京都市下京区)

新国立競技場の設計に携わった隈研吾氏(21日、京都市下京区)

 東京五輪・パラリンピックのメインスタジアム、新国立競技場(東京都新宿区)の設計に携わった建築家の隈研吾氏が21日、同競技場で予定されていた開会式や陸上競技などが新型コロナウイルス感染を防ぐために無観客開催となることについて「こういう状況なのでやむを得ない」と理解を示し、コロナ収束後の活用に期待をかけた。

 京都市下京区の複合商業施設「COCON KARASUMA」の内覧会に出席し、取材に応じた。

 隈氏は、収容定員6万8千人の競技場について「五輪の後に何十年と使われていくことが重要」と指摘した。その上で「大きなスポーツイベント以外にも地域イベントができる絶好の立地にある」と強調した。