滋賀県警本部

滋賀県警本部

 文房具を万引したとして、滋賀県警は21日までに、窃盗の疑いで、県警本部の50代の男性警部補を書類送検し、減給100分の10(3カ月)の懲戒処分とした。警部補は依願退職した。

 書類送検容疑は、休日だった5月29日午後0時20分ごろ、大津市内の量販店でボールペン3本(計500円相当)を盗んだ疑い。書類送検と懲戒処分は1日付。

 また、県警は、20代の男性巡査3人が昨年5月から約1年の間、警察施設で同僚の女性職員の肩や脚を複数回触るセクハラ行為をしたとして、2人を本部長注意、1人を所属長訓戒=いずれも6月30日付=とした。所属長訓戒を受けた巡査は依願退職した。

 県警監察官室は「このような非違事案が立て続けに起き、職員への職務倫理教養を徹底する」とした。