大津地検

大津地検

 大津地検は21日、新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕された滋賀県長浜市高月町の会社員(35)と同町の無職(37)、草津市草津町の飲食店経営(29)の男性3人を不起訴処分にしたと発表した。地検は理由を明らかにしていない。19日付。

 会社員と無職男性は昨年7月、草津市の不動産会社社長の男(34)と無職の女(24)=熊本市=と共謀し、中小企業庁に2件の虚偽申請をし給付金計200万円をだまし取ったとして、今年6月、滋賀県警に逮捕された。飲食店経営男性は、うち1件の詐欺容疑で逮捕された。

 地検は21日までに、不動産会社社長の男、無職の女を2件の詐欺罪で起訴した。