真言宗智山派の新管長に決まった布施浄慧氏

真言宗智山派の新管長に決まった布施浄慧氏

 真言宗智山派(総本山・智積院、京都市東山区)は27日、小峰一允(いちいん)管長(85)の任期満了に伴い、後任に吉祥院(埼玉県久喜市)住職の布施浄慧(じょうえ)氏(85)が決まったと明らかにした。智積院化主を兼ねる。任期は6月28日から4年間。

 布施氏は1934年、京都市東山区出身。大正大大学院博士後期課程満期退学後、大正大講師を経て同派宗機顧問や宗内の僧侶指導機関「智山講伝所」の上座阿闍梨(あじゃり)を務めている。